求人採用の後の連絡方法

求人応募で採用になる

依頼文例

求人面接後のお断わり

年齢が年齢だと、いろんな転職をしてきた方もいらっしゃるでしょう。求人があるからと、必ずしも採用にならないものですよね。何度も断られたりは、普通の事でそんなことでへこんでいたら、次には進みません。又振り出しに戻り、求人広告やサイトを検索して、面接の繰り返しです。なかには、是非にと採用通知があったとしても、そこが少し条件が合わないとしっくりしないということもあります。たくさん探してきたのだから、納得のいくところで働きたいですよね。お断りの連絡をしなくてはならない場合、面接で是非にと熱望した手前断りにくいものです。そのような時は文例を検索するのも1つの手です。

申込者へのお断り文例

雇用をしたいと思い、求人広告を出して無事に人が決まったとします。採用を決めた方には、採用を通知する連絡をしますが、少し悩むのが、残念ながら、採用を見送った方への連絡の方法ではないでしょうか。採用がお断りとなった方へは、履歴書の返却と共に、文書を添付して、行うことが一般的です。不採用を通知する文例は、まず、求人へ応募していただいたことへのお礼を述べます。そして、今回は採用を見送ったことと、今後の応募者の方の、就職活動の成功をお祈りしています、といった内容を記載します。簡潔な文章にすると良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 求人採用の後の連絡方法. All rights reserved.